鳥取県民主医療機関連合会ロゴ鳥取県民主医療機関連合会

事務局 0857-29-3598

お問い合わせ

7/27 早期体験実習が行われました!

7/20に続き、7/27(水)にも早期体験実習が行われ、前回と同じく弓ヶ浜診療所・おおたか診療所それぞれに2名ずつ計4名の鳥取大学1年生が来られました。その中で今回は弓ヶ浜診療所の早期体験の様子を紹介します。

<外来見学・米子市健診見学>
外来診察の様子や健診を見学しました。学生からは「診察時間は7.27早期体験(心電図)短いかもしれないが、患者さんをないがしろにするわけでもなく、いいスピード感だった」、「熱中症対策のアドバイスなど、気配りがとてもできていた」などの感想が出るなど、診察の風景から多くを感じ取ってもらえました。

<デイサービス弓ヶ浜見学・ボランティア>
看護師から所内の案内とデイサービスの役割について説明があり、学生たちは、「介護には生活を支える視点が大切だ」という説明を頷きながら聞いていました。

<診療所の設備見学・血圧測定体験>7.27早期体験(胃カメラ)
実際に機材に触れ胃カメラの操作や血圧測定(水銀計)の体験を行いました。初めて触れる機材に学生たちも興味津々で、説明した看護師に操作方法などを積極的に質問していました。

<往診>
米子市内の往診に同行し5件の見学を行いました。学生からは、「自宅や施設に行くことで、患者さんの生活が分かるので良い」「自分の住んでいる地域で、こんな貧困のところがあるのか」との感想がありました。

*詳しいスケジュールについては、前回(7/20)の記事をご覧ください。

 

☆早期体験実習は来年の7月、来年度の新一年生を対象に再び開催予定です!

 

 

お知らせ

ページトップへ